安心・安全・クリーンなエネルギー「LPガス」
鹿児島県LPガス協会

文字サイズ変更

よくある質問

ここでは、LPガスに関するお客様の身近な問合わせについてお答えしています。
なお、ここでご照会している内容は一般的な事例です。
具体的な事例につきましては、現在供給しているLPガス販売店にご相談下さい。

LPガスの特性について教えてください。

2013/12/25

LPガスは「Liquefied Petroleum Gas」(液化石油ガス)の略称です。

LPガスには、都市ガス、工業用途などで使用されているブタンガスもありますが、家庭用で使われているのはプロパンなので、一般にはプロパンガスと呼ばれてきました。ほか、液化石油ガス、LP、LPG、LPガスとも言われますが、すべて同じガスです。

○性状

・常温では気体
LPガスは常温常圧下では気体ですが、常温で低い圧力(1Mpa以下)をかけることによって容易に液体になります。液体になる温度は、常圧下では-42℃(プロパン)です。

・空気より重い
LPガスは空気より1.5倍重く、下方にたまります(漏れたら、電気機器を使わず、戸や窓を大きく開けて外に出すようにしましょう)。なお、天然ガスは空気より軽いので上方に向かいます。

液化すると250分の1に縮小
LPガスは、液体にすると気体時の体積の約250分の1に縮小します。逆に、気化すると体積は250倍になります。(だから、小さな容器で大きなエネルギーが運べます)。

・ハイパワー
総発熱量は、1m3あたり100.4MJ(24,000Kcal)あり、天然ガス(都市ガス)に比べると約2.2倍と非常に高カロリーです。
また、天然ガスと同等にクリーンです。

カセットコンロ用のボンベの処分はどうすればよいか。

2013/12/25

ガスを使い切ってから自治体が指定する処分方法で処分してください。カセットコンロ用のボンベの処分は、事故を防止するために、必ず中のガスを使い切ってから、お住まいの自治体の指定する方法で分別して処分してください。

未使用、または中身が残ったガスボンベの処分については、メーカーが特定できる場合は、メーカーに処分方法を相談してください。

社団法人日本ガス石油機器工業会カセットボンベお客様センター

(TEL 0120-14-9996 平日:10:00~17:00)

停電時のガス機器の使用に関する注意事項について教えて下さい。

2013/12/25

以下のとおりです。

1.ガス機器の停電時の影響について

ガス機器によっては、電力会社の商用電源(家庭用コンセント電源)を使用しているため、停電時にこれらの機器は使用いただけません。
商用電源を使用していないガス機器もございます。
詳しくはガス機器メーカーにお問い合わせください。

2.停電時にやむを得ずガス機器を使用する際の注意点

停電時に、商用電源を使用していないガスコンロ、小型湯沸器、ふろがま、暖房機器等をやむを得ず使用される場合には、必ず下記の点にご注意ください。
 ・停電により換気扇が作動しないため、窓を開けるなど十分に換気をしながら使用ください。
 ・早朝や夜間の停電では、周囲が暗いため、操作を誤ったり、やけどなどの危険もあります。操作には十分に注意して下さい。

3.(計画)停電が明らかになった場合の注意点

商用電源(家庭用コンセント電源)を使用しているガス機器につきましては、停電時に使用できません。突然の停電は、ガス機器の不具合につながる可能性がありますので、予め運転スイッチをOFFするとともに、ガスの元栓を閉じてスイッチやつまみをガスが止まる位置に戻してください。
給湯器等では、停電時に凍結予防ヒーターが作動しないため、凍結の可能性がある場合には、取扱説明書の手順で機器内の水抜きを行ってください。

4.停電から復旧した際のガス機器の使用上の注意点

ご使用の前にガスがもれてにおいがしないか、もう一度確認してください。
万一、ガス臭い場合はガス機器を使用せず、窓を開け最寄りのガス会社に連絡してください。

※停電時の注意を守っていただければ、商用電源を使用しているガス機器についても、電力供給が復帰した後に使用できます。

※給湯器のリモコン等の設定・機能(時計等)が初期値に戻ったり、各種設定が再度必要となる場合があります。設定方法は取扱説明書等で確認をお願いします。

※エラー表示等が出て使用できない場合についても取扱説明書をご確認ください。

5.その他、ご不明な点があった場合の連絡先について

ガスや電気の供給については、お使いのガス会社、電力会社にお問い合わせください。
また、ガス機器については、ガス機器販売店、ガス機器メーカー、ガス会社にお問合わせください。

マイコンメーターの復帰方法について教えてください。

2013/12/04

LPガスの漏えいや消し忘れ(長時間使用)など、ガスの流れに異常があるとき、ガスを自動的に遮断します。また、ガスを使用中に、震度5相当以上の地震があったときも、自動的にガスを遮断します。

 ほか、ごく少量のガス漏れが30日以上続いたときは警告を表示します。自動的に遮断されたあとの復帰操作は次のように行います。ただし、ガス臭いときは、以下の操作はせず、窓を開けて自然換気をしたうえで(電気器具などのスイッチには触れないこと)、メーターのガス栓と、すべてのガス栓、器具栓を閉めたうえで、販売店などに連絡してください。

3 / 3123